設備紹介
位相差顕微鏡システム

歯周病治療の際に細菌の種類・量などを観察した上で、適確な処置をとることが 短期間で効果的に治療につながります。 パソコンに取り込むことにより、鮮明画像で生きたままの口腔内細菌を、 患者さんにご覧いただきながらご説明が可能です。
口腔内カメラシステム

患者さまのお口の中を撮影し、技工所とのやりとりや、患者さまへの説明用に使用します。
虫歯診断機器ダイアグノデント

レーザーを使用した虫歯診断装置です。虫歯の程度が数値で表示されますので、より正確な虫歯の診断が可能です。もちろん診査では、まったく痛みなどはありません。
高周波治療器

今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、高周波治療器を使用すると、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にできます。
ビヨンド

ホワイトニング照射器。従来のものより熱の発生が少なく、短時間で効果的なホワイトニングを痛みなく行えます。
CT撮影装置

広範囲の全顎3D撮影はもちろん、狭小範囲の高精細撮影により、インプラント治療の精密なプランニング、歯周病による骨の変化、複雑な歯根の治療等、少ない放射線量で、より精度の高い診断が可能となります。
オートクレーブ

器具の滅菌から乾燥を行う器械です。衛生管理の徹底しており、2台設置し、フル稼働しています。
電動麻酔注射器

手で麻酔するとブレが起こるため、痛みに繋がります。電動注射器は手の注射では行えないほどの細い針を使い、しかも一定のスピードで液を流しますので痛みを抑えられます。
ペリオテスト

主に歯周病の診査に使用します。歯の動揺を数値化し変化を客観的にとらえることができるので、病状や治療の効果等、正確に判断できます。
pagetop